( Index of English Version )
児玉党ここによみがえる

児玉党 雑感

Home

2001年 3月 4日
アンケートにご協力いただいている児玉党の全国展開調査ですが、2000年7月から2001年2月までのデータが飛んでしまいました。
その間にご回答いただきました方は、恐縮ですが再投票いただけるとありがたいです。
なお、今後は定期的にバックアップをとり、このような事態に備えたいと思っております。

2000年11月27日
去る11月19日、有氏神社の盤台祭りを見に行きました。近々、その模様を紹介する予定です。

2000年 4月22日
訪問客数1万人突破を記念し、kodama.toドメインを取得。URLを移転いたしました。今までのトップページのURL推移は、以下の通りです。

  1. 開設時
    http://www2n.meshnet.or.jp/~kodama/index.htm

  2. プロバイダーの都合により移転
    http://www2n.biglobe.ne.jp/~kodama/index.htm

  3. 現在
    http://www.kodama.to/
    (http://kodama.to/ でもアクセス可能)

2000年 2月27日
早いもので、開設後3年が経過しました。アクセス数は、もうすぐ1万に達しようとしています。
繰り返しご訪問いただいている方もいらっしゃるようで、感謝に堪えません。

1999年12月12日
有氏神社についてのページを追加いたしました。取材は 8月に行ったのに、公開は12月になってしまいました。もっと迅速にできないものかと反省しております。
有氏神社については、もう少し掘り下げた内容にしたいと思っております。

1999年 7月25日
アンケートのページを開設いたしました。「集計結果が表示されない」「文字化けしている」等のプログラムの不具合があれば教えて下さい。

1999年 7月11日
ホームページの更新を怠ったまま、1年10カ月も経過してしまいました。その間も、予想外(?)に大勢の方にご訪問いただき、アクセス数は6,600を超えました。
転勤2回と転居そして結婚と公私ともに慌ただしい日々が続き、ホームページの更新が疎かになってしまいました。また励ましのメールをいただいたにもかかわらず、お礼の返事を出していない場合もあり、申し訳ございません。
なお、今回の更新にあたってリンクが切れているページは、リンク集から削除させていただきました。復活もしくは新規に登録を希望される方は、ご連絡願います。

1997年12月に児玉郡神泉村の有氏神社を参拝し、「ありうじ」と読むことがわかりました。小さな祠が並んでいるだけの非常に質素な神社です。いずれ、ホームページで詳しく紹介したいと思っております。

1997年 9月 4日
しばらくぶりに更新いたしました。とはいうものの、機能していなかったアクセスカウンターを手直ししただけです。
本格的な更新は、もう少し先になりそうです。

1997年 4月13日
「児玉党のおこり」の英語版をつくりましたが、英文表現に全く自信がありません。かなり間違いがあると思いますので、どなたか指摘していただけるとありがたいのですが・・・。
また、有氏神社の読み方もわかりません。Ari-shi shrine ととりあえず訳していますが、もしかしたら「ありし」ではなく、「ゆうし」または「うし」等の別の読みをするかもしれません。地元の方がいましたら、教えて下さい。

1997年 3月22日
ご厚意に甘えてT.K.さんから、日本家系協会発行の「児玉・兒玉一族」という稀少本をお借りしました。ありがとうございます。
また、歴史にたいへん詳しい熊本在住の兒玉さんから、全国に散らばった児玉党の足跡を追跡してほしいとのご要望をいただきました。
いずれその方面にもふれたいと考えているのですが、まだまだ勉強不足で時間がかかりそうです。気長に当ホームページにおつきあいいただければ幸いです。

1997年 3月17日
先日、T.K.さんからリンク依頼のメールをいただきました。たいへんうれしい限りです。

1997年 3月 9日
文字ばかりで見にくいホームページですが、いずれは児玉党関連史跡等の写真も掲載したいと考えております。
ただ、機材を買う資力と実地調査に行く時間が、今はありませんが・・・。
英語版は index しかできていません。私の語学力ではまだまだ時間がかかりそうです。

このホームページを作成するにあたって、また、それ以前のパソコンやインターネットに関して、親友のT.I.氏およびS.N.氏より多大な助言をいただきました。この場を借りて、両氏に謝意を表したいと思います。

Home

Copyright© 1997-2012, KODAMA PARTY Study Group. All rights reserved.

児玉党ここによみがえる